2019年08月29日

師匠からの手紙。

夏のハガキを送ったら、筆の調べが返ってきました。
書の師匠からのお返事。
IMG_3283.jpg


文字という表現に向き合って、一文字に何十年も時間をかけ続けてきた人。
日本語で書いたことない文字なんてないんじゃなかろうか。
教えてもらった筆は今も続けています。
ちゃんと墨も磨ってます。

自分の要領の悪さ故、申し訳なくも身近な人ほど順番が後になり、ようやくこちらからハガキを送ることができました。
師匠自身、パートナーと突然の別れが訪れ、私もどのように声をかけて良いかわからなかったというのも事実。
そして、身近な人ほど声をかける気恥ずかしさも伴うのも本音。そんなこと言ってる時間なんてないのにね。
返ってきた文章を読んで、文字に圧倒されながらも洗練された文章に涙が出ました。
ぽつりぽつりと紡がれた言葉から伝わるものがあると。
お米も美味しかったよ。

水墨画も描く人なので、また展示があれば見にいくから教えてほしい。私も描きたいので今度また教えてください。
揃えた絵筆はまだ眠ったままです…^^;
posted by izumi at 15:47| 東京 ☀| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: